top of page
  • 執筆者の写真中野太一

失敗から学ぶ価値 - 子どもたちが本当に必要とするサポート


はじめに

子どもたちが成長する過程で、失敗は避けられないものです。しかし、多くの大人は子どもが失敗することを恐れ、つい「失敗しないように」と手を差し伸べてしまいます。この記事では、失敗がなぜ学びにとって非常に重要なのか、そして大人がどのようにして子どもたちを適切にサポートすべきかについて考えてみましょう。






失敗を恐れず、見守る勇気

失敗は、単なる間違いや挫折ではなく、成長と学習のための貴重なステップです。子どもたちにとって失敗は、自己認識を深め、問題解決能力を養う機会を提供します。


大人がすべきことは、子どもたちが失敗から学び取れるように、安全な範囲内で失敗を見守ることです。子どもから失敗する機会を奪わず、彼らが自らの体験を通じて重要な教訓を得られるようサポートすることが大切です。



間違った声掛けを避ける

子どもが失敗した時、

「ほら言った通りになった」
「私の言うことを聞いていればこうはならなかった」

というような声掛けは、子どもの自尊心を傷つけ、自己効力感(自分の能力を信じる力)を低下させます。このような反応は、子どもが失敗を恐れ、新しいことに挑戦する勇気を失う原因となります。



レジリエンスを高めるサポート

失敗した時にこそ、大人は子どものレジリエンス(困難から回復し、それを乗り越えて成長する能力)を高める声掛けと関わり合いを持つべきです。たとえば、

「失敗は誰にでもあるよ。大切なのは、その経験から何を学ぶかだね」
「次はどうするともっとうまくいくと思う?」

といった、ポジティブな声掛けと前向きな質問を通じて、子ども自身が考え、学び、成長する機会を提供しましょう。



生徒が計算ミスから学ぶ機会

私は教える仕事を始めたばかりの頃、生徒が間違いを犯しているのに気づくや否や、その間違いを訂正し、正しい計算方法を教えていました。それが講師としての役割だと考えていたからです。しかしあるとき、「生徒が計算ミスから学ぶ機会を奪ってはいけない」と気づきました。この気づきは、私の教え方にとって転換点となりました。


以降、私は生徒が計算ミスをするたびに、すぐに正解を教えるのではなく、まずは彼らに自分でミスを見つけさせるようにしました。そして、ミスを見つけた後には、なぜそのような間違いが起こったのか、どのようにして正しい答えにたどり着けるのかを一緒に考える時間を持つようになりました。


このアプローチの変更により、生徒たちは自分の間違いから学ぶ重要性を理解し、問題解決能力が向上しただけでなく、自信を持って新たな課題に挑戦する勇気も育ちました。



データに基づくサポートの重要性

この個人的な体験を補強する研究もあります。自己説明効果は、学習効果を高める重要な要素であり、特に数学のような論理的思考を必要とする分野で有効であることが示されています。(参照: Atkinson et al., 2000)。この研究は、生徒が自らのミスから学び、それを理解する過程が、深い学習へとつながることを示しています。



まとめ

失敗は、子どもたちが自立し、自分自身を理解し、周囲の世界に適応していくために必要不可欠な過程です。大人として、子どもたちが失敗を恐れずに新しい挑戦を続けられるよう、適切なサポートと声掛けを心がけることが重要です。失敗を通じて得られる学びは、子どもたちが人生で直面するさまざまな困難に立ち向かうための力となります。


この記事が、失敗を新たな視点で捉え、子どもたちの学びと成長をサポートするためのヒントになれば幸いです。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page